2013年6月3日月曜日

小ロットで、Linuxの組み込みをするには、この解もありかなと思っていましたが、さっそく、その目的のモジュールが出て来ました。


若干、単なるLinuxが動くボードと違うのは、Linuxが動くべきDRAM以外に、FPGAから別に256MBのDRAMが載っていることです。このアイデアは持ちあわせていませんでしたが、確かに、FPGAを使う意義を考えると、こういう機能が付いていることが重要だと思います。
  • SoC – Altera Cyclone V SX-U672 with FPGA logic and dual-core ARM Cortex-A9 up to 800MHz
  • System Memory – 1GB DDR3 RAM, and 256MB DDR3 FPGA RAM (optional)
  • Storage – 32MB QPSI NOR flash
  • FPGA I/O fabric:
    • PCIe  hard core
    • Up to 145 user-programmable I/O lines (including several 875MHz SerDes lanes)
    • 6x 3.124 Gbps transceivers
  • Connectivity – Dual Gigabit Ethernet
  • I/Os – 2x USB OTG, CAN, 2x UART, 4x I2C, 2 master / 2 slave SPI, GPIO,
  • JTAG connector
  • Temperature range – Commercial and industrial
  • Power management functions
  • Dimensions – 82 x 38mm
  • Connector – MXM 3.0 right-angle connector
ボード内のブロック図

Tiny module runs Linux on Altera ARM+FPGA SoC
http://linuxgizmos.com/tiny-module-runs-linux-on-altera-arm-plus-fpga-chip/


0 コメント:

ページビューの合計

Translate

Google+ Followers