2013年2月14日木曜日

$249のSamsung Exynos 5 (Cortex-A15) の評価ボードに替る$135ローコストの評価ボードが完成しユーザーの手元に届き始めたみたいです。


巨大なヒートシンクが携帯電話に使えるのか?と言う不安を煽りますが、まあ、それはそれとしてwww

仕様
  • CPU – Exynos 5 Dual ARM Cortex A15 Dual
  • GPU – Mali T604 Embedded GPU
  • Memory - 2GB DDR3 X32, 800MHz
  • Storage – MicroSD slot
  • Audio – ALC5631Q Line In/Out, SPDIF Coaxial type
  • Video – HDMI A Type
  • External Ports:
    • 2x USB2.0 Host
    • 1x USB3.0 Host
    • 1x USB2.0 Device
    • 1x SATA
    • 1x Ethernet RJ45
  • Expansions – 3 Headers (Further details should be available later this week)
  • CON16 – MIPI Master/Slave, 1x I2C, GPIO
  • CON19 – 3x serial interfaces, 2x I2C, 2x ADC, JTAG, USB, MMC, and reset
  • CON20 – I2S, Interrupt and GPIO pins, and System bus (EBI)
  • Power Supply – DC 5V, 3A
  • PCB Dimension – 95X85mm
  • Weight – 166 g
  • OS Support – Android JB+ (4.2.x), Linux and Ubuntu


私的にはSPDIFが付いている所にそそられます!ちゃんと動画再生できるようになっても、オーディオがしょぼいと今後のNet AudioとかSTBには使えないですよね!


$249のCortex-A15評価ボードはこんなのでした


0 コメント:

ページビューの合計

Translate

Blog Archive

Search

読込中...

Google+ Followers