2011年3月10日木曜日
Wazze Mark-Ⅳを発表したのですが、色々な方から評価機が欲しいという話があり、やっとそれなりの数を確保できましたので、一般向けにも評価機の発売をすることにしました。
Wazze Mark-Ⅳ(TC)
主なスペック
  • CPU:Tegra2(Dual Cortex-A9)1GHz
  • RAM:DDR2(667MHz) 512MB
  • ROM:NAND Flash 512MB
  • カメラ 1.3M(For video conference)
  • LCD:10.1” 1024x600, LEDバックライト
  • タッチパネル:静電容量タイプ
  • Micro-SD:最大32GB
  • Wi-Fi:802.11 b/g
  • Bluetooth:2.1 + EDR
  • 3軸加速度センサ 
  • USB:HOSTx1
  • 外部ディスプレイ:HDMI 1.3
  • 3.5㍉ ヘッドフォンジャック
  • ステレオスピーカー内蔵
  • マイク内蔵
  • スイッチ
    • 電源、ボリューム、ロック、リターン
  • バッテリ
    • 動画再生 4.5時間
    • スタンバイ(LCDオン) 7.5時間
    • オーディオ再生(LCDオフ) 16時間
    • スリープ 98時間
  • 大きさ:275㍉ ×178㍉ × 13.6㍉
  • 重さ730g
Wazze Mark-Ⅳ(TC)内部
OS
Android 2.2(Froyo)で、製品の内部バージョンは1.10を使用しています。

Adobe FLASH
Tegra2用にチューニングされたVer10.1をプリインストール済み!
mixiゲームとかも、ちゃんと動きます。

日本語入力
正式に simeji のライセンスを受け、タブレット用にチューニングされたバージョンをプリインストールしております。simejiのHPはこちら)現段階で公開されているバージョンとは違いますのでお気をつけ下さい。
simeji フルキーボード
shimeji フリック入力
キーの高さ方向が大きくなり、キー入力がメチャクチャ楽になりました。ポンポコ ポンポコ入力できます!

日本語フォント
Android標準の軽量化されたCJKフォントではなく、DroidSansJapaneseをインストールしてあります。ですので、見慣れない変な漢字が出てくるとかは無いですw

コンパチビリティー
Wazze Mark-Ⅳはヨーロッパで発売されているADVENT VEGAとハードウェアは同じです。ですので、韓国で発売されているUX100や日本で販売されているXvision(P10AN01)と兄弟と言う事になります。ただし、ソフト的に色々カスタマイズしていますので、製品として同じではありません。

0 コメント:

ページビューの合計

Translate

Google+ Followers