2011年3月11日金曜日
ARM9ベースのMB9G711と言うSoCがFujitsu Semiconductor Americaから発表(発売?)になりました。富士通セミコンダクターアメリカの製品なので、多分、日本に入って来ないし、入ってきてもカーオーディオ関係とかの特定メーカーにしか売らないと思うけど、なかなか、面白そうなSoCなのでちょこっと紹介。


USBメモリー、SDカード、iPod等からデータをもらって再生するシステムが作れます。今更、お皿回しの時代じゃないから、こういう専用のSoCが出てくるのは必然と言えば必然。

内部ブロック図と接続アプリケーション例

主なスペック
  • CPU Core:ARM946 processor core, core operation frequency: 164MHz, 32KB cache
  • Audio SupportMP3, WMA, Ogg, and AAC decoding
  • RAM:288KB SRAM for data RAM and ROM area mapping
  • UART:5 channels, software switchable between SIO and UART
  • I2C:2 channels, support for standard (100kbps) and high-speed (400kbps) modes
  • I2S:2 channels, audio output/input (L/R), selectable master/slave operations
  • Audio DAC:2 channels, 16/24 bit 48kHz audio DAC
  • ADC:6 channels, 10 bit ADC +/-2.0LSB (max)
  • USB:2.0 Host 1 channel, USB 2.0 host full speed
  • SDMC:1 channel, support for SD memory card, multimedia card and SDHC.
  • Memory Interfaces:SPI Flash, NAND Flash
  • Timers:2 ch PPG, 4ch reload timers,RTC and hardware watchdog
  • JTAG:Conformed to IEEE1149.1, support for JTAG ICE connection
  • CAN:1ch CAN2.0 option
  • OS:EFOS
  • Package:QFP144

0 コメント:

ページビューの合計

Translate

Google+ Followers