2010年10月18日月曜日
ITmedia +D Mobile編集部主催のSAMSUNG GALAXY BLOGGERS NIGHTに参加してきました!
ブロガーナイトって、なんか、かっこい~!

当日になっても、講演内容のタイトルが未定のままで・・・ (^^ゞ
もしかして、実は当日発表の何か・・・とか期待してるんですけどw

さて、おさわり会なので、触らなきゃいけないんですが、とりあえず、「第一印象Best3+これから実機を試される方へ+Q&A」などを見て、予習!

私がやってみたいのはまずベンチマーク!
んで、私が標準で使用しているベンチマークは0xBencmarkです。

ところが、問題発生!
Galaxy SでSDカードを認識してくれない!ベンチマークソフトのインストールが出来ず、結局、グループで一番おさわりしたんだけど、そのトラブルでベンチマークできず _| ̄|○
再三、ネットからのインストールも試みたけど、80人でWiFi使うと、落ちる落ちるw

気をとり直してラスト10分でGalaxy TABのベンチマークへ
こちらはすんなりSDカードをカードを認識し、ベンチマークソフトのインストールはあっさり終了!

0xBenchmark Ver1.0.1 Galaxy TAB
=======================================
Linpack:14.66Mflops/S
Norm Res:1.71E14
Precision:2.20E-16
=======================================
Scimark2
---------------------------------------
Composite:20.24
Fast Fourie Transform:12.95
Jacobi Successive Over-relaxation:35.85
Monte Carlo integration:5.76
Sparse matrix multiply:17.77
dense LU matrix multiply:28.89
=======================================
Draw Canvas:59.0
Draw Cicle:33.33
Draw Cube 59.0
OpenGL Blending:64.11
OpenGL Fog:64.09
Flying Teapot:60.58
=======================================


参考までに、Nexus One 2.2.1でのベンチマーク
=======================================
Linpack:28.74Mflops/S
Norm Res:1.71E14
Precision:2.20E-16
=======================================
Scimark2
---------------------------------------
Composite:42.25
Fast Fourie Transform:27.01
Jacobi Successive Over-relaxation:96.46
Monte Carlo integration:6.63
Sparse matrix multiply:32.63
dense LU matrix multiply:48.54
=======================================
Draw Canvas:60.0
Draw Scicle:50.66
Draw Cube 43.66
OpenGL Blending:45.90
OpenGL Fog:44.60
Flying Teapot:16.46
=======================================

気になる性能はとりあえずLinpackとOpenGLですね!
CPU性能低い。NEXSUS ONEの半分ぐらい
一方OpenGLは2倍以上の性能を叩き出すテストも出現!

ちなみに、NEXSUS ONEで 0xBenchmark Ver1.1.1を使用するとLinpackは、31.25Mflops/Sをたたき出します。クロックにもよるのでしょうが、SnapDragonはやはりCPUは良いけど3Dは弱いのかな?

さて、次はCopperReader Ver0.2.8βを使用したブックリーダーの使い心地について


CopperReaderの特徴は
ePub形式をサポート
電子書籍の世界標準規格であるePubに対応。フリーのEPUBの配布サイトである epubs.jp や、電子書籍販売サイト パブー で購入したePubを、Copper Readerで読むことができます。

縦書き表示への切り替え
現在、ePubの電子書籍は横書きだけですが、CopperReaderは独自に縦書き表示に対応。横書きの電子書籍を、縦書きに切り替えて読むことができる。

文字の大きさの変更、複数段組表示など
文字の大きさの大中小の変更、2段組、3段組に対応。
大型のタブレットでは1行の文字数が多くなって読みづらくなることがありますが、こんなときは2段組、3段組への切り替えが便利です。また、7"程度の端末では、横倒し表示が可能です。

対応電子書籍フォーマット: EPUB 2.0(テキストはXHTML 1.0 + CSS 2.1によりレイアウトします。フォントの埋め込み、SVG 1.1には対応していません)

さて、結果はというと、さすが中華PADとは一味違います。すんなり表示!
日本語縦書きePub表示
締めは Alex君との大きさ比較

と言うことで、残念ながらリアルタイムブログは出来ませんでしたが、Galaxy TABは目的の事が出来たので今回のおさわり会は満足ですw!


0 コメント:

ページビューの合計

Translate

Google+ Followers